平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


復興ふるさと大使の岩手県山田町で聖火リレーしてきました
【山田邦子 人生いろいろ】#58  岩手県山田町で聖火リレーしてきました。コロナ禍の中、賛否両論あるけれど結論はやって...
2021-06-22 17:03 エンタメ
仲里依紗YouTubeで別格の存在感!つい真似したくなるワケ
「仲さんの『ヤッホー、皆さんこんにちはぁ』という、あの身振り手振り付きの最初の挨拶、自分の動画でも、つい真似したくなっち...
2021-06-22 17:03 エンタメ
山中秀樹さんの泥酔事件 夜のニュースでろれつが回らず…
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  山中秀樹さん(フリーアナウンサー/62歳)  元フジテレビのアナウンサーで現在...
2021-06-21 17:03 エンタメ
リポーター菊田あや子さん「終活」常任理事&講師で活動中
【あの人は今こうしている】 菊田あや子さん(タレント、リポーター/61歳)  ◇  ◇  ◇  かつて「ルックルッ...
2021-06-21 17:03 エンタメ
わざわざ挨拶に…ARBのメンバーはとっても律儀だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#50  これまで時系列にLOFTを振り返ってきたわけではないが……。1969...
2021-06-21 17:03 エンタメ
女道楽・内海英華さん「入院14回」貯金できると体を壊し…
【役者・芸人「貧乏物語」】  内海英華さん(女道楽・61歳)  講談や漫談など、2000年代から上方で長らく途絶えて...
2021-06-21 17:03 エンタメ
波瑠「ナイト・ドクター」フジ月9の“先制パンチ”は吉か?
 フジテレビ月9の夏クールは、竹野内豊(50)主演の「イチケイのカラス」が終わってすぐの翌週21日から、波瑠(30)主演...
2021-06-21 08:08 エンタメ
菅田将暉と小松菜奈の報道に漂う宣伝臭 写真も逸話もナシ
【芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」】  発売中の『女性セブン』(21年7月1日・8日号)が、菅田将暉(28)と小松菜奈(...
2021-06-21 08:08 エンタメ
熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた
 5月18日、会社経営者の夫から暴行を受けたと警察に通報したタレントの熊田曜子(39)。夫は逮捕された後に釈放されたが、...
2021-06-21 08:08 エンタメ
宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」
【私が東京五輪に断固反対する理由】#3  宮本亞門さん(演出家)  ◇  ◇  ◇  このパンデミック禍でなぜ今、...
2021-06-20 17:03 エンタメ
佐々木希に馬淵優佳…“スキャンダル夫”を支える賢い妻たち
 スキャンダル夫を支える妻の奮闘が目につく。  15日放送「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に元飛び込み日本代表...
2021-06-20 17:03 エンタメ
佐藤二朗は大活躍 ドラマを面白くしているのは個性派だ!
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  佐藤二朗の活躍が目覚ましい。自身が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」の舞台を映画...
2021-06-20 17:03 エンタメ
大学時代は理論派だった ハナコ岡部の先輩の「難しい笑い」
【今週グサッときた名言珍言】 「すごい的確なアドバイスしてくれる宮下さんっていう先輩がいたんですけど、その宮下さんが、...
2021-06-20 17:03 エンタメ
広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由
 これまで同じ作品に出たことがなかったため、“不仲説”まで飛び交っていた広瀬すず(23)と橋本環奈(22)。2人が共演し...
2021-06-20 17:03 エンタメ
大政絢「飯テロドラマ」でコロナ後“ひとり飲み女子”急増?
 今月4日にスタートしたWOWOWオリジナルドラマ「ひとりで飲めるもん!」が、SNSなどで、〈飯テロ……お腹が減った〉な...
2021-06-20 17:03 エンタメ
ぶっちゃあさんは豚足と間違えて自分の手をかじった
【ダンカンの笑撃回顧録】#97  サンミュージックの秘話(5)  ◇  ◇  ◇  40年以上ものお笑い仲間のブッ...
2021-06-20 17:03 エンタメ