ガーリーメイクで幸せに♡ 女の子を最大限に楽しむメイク術

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-27 06:14
投稿日:2021-04-27 06:00
 メイクって、顔の印象を大きく変えるものですよね。クールでかっこいいメイクや大人っぽいメイクも素敵ですが、やっぱりガーリーなメイクにも挑戦したい……♡ そこで今回は、女の子を最大限に楽しめる“ガーリーメイク”のやり方をご紹介します!

「ガーリーメイク」ってどんなメイク?

ふんわり可愛いガーリーメイク(写真:iStock)
ふんわり可愛いガーリーメイク (写真:iStock)

「ガーリーメイク」は、その名の通り、女の子や少女をイメージしたメイクのこと。ピンク色のふんわりした優しいカラーで、あどけないピュアな印象を与えてくれます。大人女性の中には、「もうガーリーはイタいんじゃ?」と遠慮してしまう人もいると思いますが、大丈夫!

 ピンク色をブラウンでナチュラルに抑えることで、大人女性でも可愛らしく魅力的なメイクに仕上げることだってできるんです。もちろん、男ウケも抜群ですよ♡

ガーリーメイクの詳しいやり方♡ 〜ふんわりメイク編〜

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まずは、思い切り女の子を楽しめる、ふんわり優しく可愛らしいガーリーメイクからご紹介します。

ベースメイクは「透明感」と「ツヤ感」を重視!

 ふんわりした印象のガーリーメイクをする時、ベースメイクは透明感とツヤ感が大切です。コントロールベースは細かいラメ入りのパープルを使って、血色と透明感を演出していきましょう。ファンデーションは、軽めのパウダータイプがベストです。

 仕上げに、ハイライトでさらなる透明感とツヤ感を。そして、仕上げに細かいラメ入りのフェイスパウダーをのせれば、優しげで透き通った肌を作ることができます。

チークは「ピンク系」がマスト

 ふんわりガーリーメイクの場合は、ピンク系のチークが鉄板カラーです。肌の色やリップの色に合わせて、統一感のある色味を選びましょう。また、チークを入れる位置は、にっこり笑った時、一番盛り上がる頬骨の部分にふんわり丸くのせてくださいね。

 また、血色感のあるほっぺたに仕上げたい時には、クリームチークがおすすめ。目の下あたりに広めに指で叩き込んでいくと、ぽっと火照ったような仕上がりになります。

アイシャドウは「グラデーション」で目元に華やかさをプラス

 ふんわりした印象のガーリーメイクですが、目元にはピンク系の少し濃い色味を使ってグラデーションを作ると華やかさがプラスされます。まずは、薄くアイホール全体にピンク系シャドウをオン。さらに、二重や一重の幅に合わせてもう一度アイシャドウをのせて、グラデーションを作ります。涙袋には色を使わず粗めのラメだけをのせると、やりすぎ感を抑えることができますよ。

アイライン&アイブロウは「ブラウン」で優しげに

 アイラインとマスカラは、ブラックよりも優しげなブラウンをチョイスすると、ガーリーメイク全体によく馴染みますよ。アイブロウは、ブラウンのパウダーを使ってふんわり太め平行眉に仕上げるのがおすすめです。

リップは「グロス」でツヤっぽく

 リップの色味は、チークやアイシャドウとバランスをとって選びましょう。全体がナチュラルなら、少し濃いめのカラーを選ぶのがおすすめです。また、一番最後にグロスを重ねて、ツヤっぽい口元を作りましょう。女の子の特権でもある、思わずキスしたくなるようなぽってりした唇が作れますよ♡

ガーリーメイクのやり方♡ 〜大人ガーリーメイク編〜

ピンクとブラウンの合わせワザで大人ガーリーに(写真:iStock)
ピンクとブラウンの合わせワザで大人ガーリーに (写真:iStock)

 ガーリーメイクにはじめて挑戦する人は、ピンク色に抵抗を感じることもありますよね。そんな人のために、ふんわりガーリーメイクを基本とした、「大人ガーリー」に仕上げるコツをご紹介します!

アイシャドウは「ピンク+ブラウン」で大人っぽさを

 ふんわりガーリーメイクでは、ピンク色全開でグラデーションを作りましたが、大人ガーリーの場合は、ピンクのアイシャドウの上から、ブラウンのアイシャドウで落ち着きをプラスしましょう。

 アイホールでピンクを抑えた分、涙袋には細くピンクベージュをのせて優しさをプラスします。強く入れてしまうと腫れぼったい印象になってしまうので、あくまで“さりげなく”がポイントですよ。

チークは「スモーキーピンク」と「ぼかしテク」を活用

 ピンク色のチークはとてもガーリーな印象で可愛いのですが、大人女性の場合、不自然になってしまうことも……。そこでおすすめなのが、スモーキーピンクです。頬骨の下あたりにスモーキーピンクを長方形に伸ばしたら、スポンジを使って周りをぼかしていきましょう。甘すぎない、大人ガーリーな印象に仕上げることができます。

大人ガーリーリップなら断然「ダークローズ」

 大人ガーリーにおすすめなリップが、ダークローズ。深いローズなら、ピンクと赤を混ぜたような深みで甘くなりすぎるのを防いでくれます。また、濃いめのリップだから一気に華やかで垢抜けた印象に。全体をナチュラルにした分、バランスがとれたメイクになります。

大人女性もガーリーメイクで毎日ハッピーに♡

男性ウケもバッチリ(写真:iStock)
男性ウケもバッチリ (写真:iStock)

 ガーリーメイクというと、大人女性にはハードルが高いというイメージがあったかもしれません。でも、ほんの少しブラウンを足したり、色味を変えたりするだけで、ふんわりガーリーから大人ガーリーまで自由な仕上がりに変えることができます。

 ぜひ、ガーリーメイクを取り入れて、毎日をハッピーに過ごしましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...