グラデーションリップのやり方♡ 失敗なし&男ウケUPのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-01 06:00
投稿日:2021-06-01 06:00
 唇の外側に向かって色が薄くなる「グラデーションリップ」は、全体に均一に色をのせるよりも色っぽさや可愛さを演出できると人気です。ただ、実際にやってみようとすると、上手にグラデーションが作れない時も多いんですよね……。そこで今回は、グラデーションリップのやり方や失敗しない方法、男受けアップのコツまでご紹介します。

初心者でも簡単! グラデーションリップの4つのやり方

グラデーションリップを試してみて♪(写真:iStock)
グラデーションリップを試してみて♪ (写真:iStock)

 それではさっそく、初心者でも簡単に作れるグラデーションリップのやり方を4つご紹介しましょう。お手持ちのコスメで、挑戦しやすいものから試してみてくださいね!

1. 「コンシーラー+ぽんぽん塗り」で作るやり方

 手持ちのリップとコンシーラーがあればできるのが、ぽんぽん塗りです。
【やり方】
1. 唇全体にコンシーラーやファンデーションなどを塗って、唇の色味を一度消します。
2. 唇の中央のみに、手持ちのリップを塗ります。
3. 指の腹や綿棒などを使って、外側に少しずつ中央のリップの色味を伸ばしていきます。

 手軽にグラデーションリップができるので、初心者にもおすすめです。

2. 「濃淡のある2本のリップ」で作るやり方

 続いては、2本の口紅を使うやり方をご紹介します。用意するのは、薄めのリップと濃いめのリップだけ。
【やり方】
1. 唇全体に薄めのリップを塗っていきます。
2. 濃い目のリップを唇の内側のみに塗り、色の境目を指や綿棒でぼかします。

 コンシーラーを塗る場合よりも、よりナチュラルなグラデーションリップができあがりますよ。

3. 「ティントリップ1本」で作るやり方

 ティントリップを持っている人は、1本だけで簡単にグラデーションリップを作ることができます。
【やり方】
1. ティントリップを、唇全体に薄めに塗ります。
2. 次に、唇の中央のみにティントリップを重ね付けします。

 ティントリップは、色をのせるというよりも、染めていくことで色をつけるもの。重ねることで、自然な透明感のあるグラデーションリップに仕上がりますよ。

4. 「グラデーション用リップ」で作るやり方

 どうしてもグラデーションリップが上手く作れないという人は、「グラデーション用リップ」を使うのも一つの方法です。グラデーション用リップは、リップ自体に複数の色ですでにグラデーションが作られているので、ただ塗るだけで簡単にグラデーションリップを完成させることができます。

3つのコツで失敗なし! 綺麗なグラデーションリップを作る方法

保湿は必須!(写真:iStock)
保湿は必須! (写真:iStock)

 グラデーションリップを失敗しがちな人は、3つのコツを守るだけで綺麗な仕上がりを目指すことができます。チェックしていきましょう!

1. しっかり保湿する

 グラデーションリップを作る前には、リップクリームでしっかり唇を保湿しましょう。グラデーションリップは、リップが綺麗に伸びないと美しい仕上がりにすることができません。また、綺麗にグラデーションが作れたとしても、かさかさで縦じわが目立ってしまっては、男性もげんなりしてしまうかもしれません。

2. 唇の色味を消す

 グラデーションが綺麗に出ない人は、唇の色味が邪魔をしている可能性があります。唇の赤みが強い人や血色が悪い唇の人は一度唇の色味を消すことで、リップの発色を最大限に引き出すことができますよ。

3. 色味がはっきりしたリップを使う

 しっかり保湿して色味を消しているのに綺麗に色をぼかせない場合は、リップの色味が薄すぎることが原因かもしれません。グラデーションリップは、色に濃淡をつける必要があるので、比較的色味がはっきりしたリップを使うようにしましょう。

男ウケがいいグラデーションリップのポイント

ツヤ感を出すと男ウケする♡(写真:iStock)
ツヤ感を出すと男ウケする♡ (写真:iStock)

 女子には人気のグラデーションリップですが、「男ウケ」の視点から見ていくと、いくつかのポイントを満たす必要があるようです。そこで、男ウケの良いリップに仕上げるためのポイントを見ていきましょう!

グロスでツヤを出すなら「少量を中央のみに」

 仕上げにグロスをべったり塗ってしまうと、「キスした時にグロスがつきそう……」と、男性にはあまり好印象を持たれないようです。ツヤっぽく仕上げたいなら、唇の中央のみに薄めにグロスをのせるのがおすすめ。自然に濡れたような色気のあるツヤを出すことができますよ。

真っ赤より「ピンクやコーラル系」を選ぶ

 女性には人気の真っ赤なリップですが、男性からすると「怖い」「きつそう」といった印象になってしまいます。男ウケを狙うなら、色味はピンク系やコーラルレッド系を選ぶと良いでしょう。ナチュラルな血色感を見て、「可愛い!」と感じてもらえるはずですよ。

マットタイプより「ツヤありタイプ」を選ぶ

 多くの女性の憧れである、マットタイプのグラデーションリップ。クールで知的で色気もあるものの、なぜか男性には不人気のようです。やはり男性は、多少のツヤ感があったほうが女性らしさや色気を感じるようですね。そのため、男ウケを狙うなら、ツヤありタイプのリップを選ぶのがベターでしょう。

グラデーションリップのやり方をマスターして色っぽい唇に♡

グラデーションリップはデートにもおすすめ♡(写真:iStock)
グラデーションリップはデートにもおすすめ♡ (写真:iStock)

 グラデーションリップには、いろいろなやり方があることをご紹介しました。もし今まで上手に作れなかったという人は、ぜひ試してみてくださいね! そして、デートの日には、この記事を参考に、色っぽい男ウケ抜群の唇に仕上げてみてください。唇ひとつで印象は大きく変わるもの。彼との関係が、一歩前進するかもしれませんよ♡

ビューティー 新着一覧


お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...
二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こ...
プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合...
甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”...