梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-25 06:00
投稿日:2021-06-25 06:00
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、梅雨時期に髪の毛が広がってしまう原因や梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルのコツ、自宅でできるヘアケアの方法をご紹介します。

なぜ、梅雨時期に髪の毛が広がるの?

雨は髪が広がるから嫌い…(写真:iStock)
雨は髪が広がるから嫌い… (写真:iStock)

 梅雨時期に髪の毛が広がるおもな原因は、髪の毛の「ダメージ」と「乾燥」です。

 私たちの髪の毛は、日々、ヘアカラーやパーマ、アイロンやドライヤー、紫外線など、さまざまなダメージを受けています。湿気の多い梅雨時期、ダメージによって乾燥した髪の毛は空気中の水分を多く吸収してしまい、その水分によって、髪の毛の広がりやうねりが起こりやすくなってしまうのです。

梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルの4つのコツ

少ない毛束を心がけて(写真:iStock)
少ない毛束を心がけて (写真:iStock)

 朝にしっかりスタイリングしたのに、あっという間にヘアスタイルが崩れてしまうと気分が落ちてしまいますよね。まずはじめに、梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルのコツを見ていきましょう。ひと手間加えるだけで長時間ヘアスタイルをキープできるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

1. 水分の少ないスタイリング剤を選ぶ

 冒頭で説明した通り、梅雨時期に髪の毛が広がってしまう大きな原因は水分です。そのため、湿気の多い日には、水分の多いミストタイプやローションタイプのスタイリング剤はNG。

 朝のヘアスタイルを長時間キープさせたいなら、クリームタイプやワックス、スプレーなど、できるだけ水分の少ないものを使うようにしましょう。

2. コテやアイロンは少ない毛束で丁寧に

 コテやアイロンを使ってスタイリングする場合、梅雨時期はいつもよりも少ない毛束で、髪の毛の温度が均一になるように丁寧にスタイリングしましょう。

 ただ、ヘアスタイルをしっかりキープしたいからといって、コテやアイロンを長時間使用すると、髪の毛の広がりやダメージの原因になってしまこともあるので注意が必要です。

3. スタイリング剤をつける前に髪の毛を冷ます

 コテやアイロンを使用してすぐに、スタイリング剤をつけていませんか? 実は、髪が熱いうちにスタイリング剤をつけてしまうと、ヘアスタイルのキープ力が落ちてしまうため、髪の毛をしっかり冷ますことが肝心。

 冷ました後は、丁寧にほぐして最後にスタイリング剤をつけましょう。これが、綺麗なヘアスタイルを長時間キープするためのスタイリングのコツです。

4. うねりを生かして今どきアレンジに

 梅雨時期の髪の毛のうねりに悩んでいる女性も多いと思いますが、そのうねりを活かして今どきのヘアスタイルにアレンジするのもおすすめ。

 髪の毛を無理にストレートにまとめようとせず、ワックスをクシュクシュと揉みこんで、毛先に動きを出すようにスタイリングしてみましょう。悩んでいたうねりが、オシャレ感たっぷりのヘアスタイルに変わりますよ。

梅雨におすすめ♡ 自宅でできるヘアケア方法4選

蒸しタオルでしっかり浸透(写真:iStock)
蒸しタオルでしっかり浸透 (写真:iStock)

 梅雨の湿気に負けない髪を作るためには、日々の乾燥やダメージを最小限に抑えることが大事。続いては、自宅で簡単にできる4つのヘアケア方法をご紹介します。

1. 正しいシャンプーでしっかり頭皮ケア

 ヘアケアの基本は、シャンプーです。何も考えず、ゴシゴシ洗っている人も多いかもしれませんが、シャンプーは摩擦を避けて指の腹で頭皮の汚れを丁寧に落とすように行います。

 地肌を十分に濡らしてからシャンプーを手に取り、お湯でしっかり泡立ててから頭皮に乗せます。泡を頭皮全体にのばしたら、指の腹を使って生え際から少しずつ丁寧に洗いましょう。

2.トリートメントは蒸しタオルで浸透させる

 シャンプーで頭皮をしっかり洗い流したら、髪の毛の水気をタオルで拭き取り、毛先からトリートメントを塗ります。根元はほとんどダメージがないので、つけなくてOKです。

 蒸しタオルで全体を包み、トリートメントを7分〜10分ほど浸透させます。余裕があれば、蒸しタオルの上からラップを巻くと、さらに浸透力が高まりますよ。

3. アウトバストリートメントでプラスのケアを

 梅雨時期の広がりを抑えるためには、インバストリートメントだけでなく、アウトバストリートメントで髪の内部にしっかりと栄養を与え、余分な水分が入り込まないようにすることが大事です。

 シャンプー後、髪の毛を乾かす前に、毛先から根元の方向にトリートメントをつけます。乾かした後にパサつきが気になる場合は、最後の仕上げに追加で塗ってみると、髪が潤いますよ。

4. ドライヤーのかけすぎには注意

 毎日使用するドライヤーですが、ドライヤーをかけすぎてしまうと髪の毛がオーバードライの状態となり、ダメージの原因になってしまいます。

 事前にしっかりとタオルで髪の毛の水気を取り、ドライヤーをかける時間を少しでも短くすることを心がけましょう。

自分にピッタリのヘアスタイルで梅雨を楽しく乗り切ろう♡

梅雨だって自分らしく(写真:iStock)
梅雨だって自分らしく (写真:iStock)

 梅雨で湿気が多いとせっかくのヘアスタイルがうまく決まらず、イライラしてしまう女性も多いはず。そんな梅雨時期でも思い通りのヘアスタイルを叶えるためには、髪の毛に必要以上の水分を吸収させないことが大切です。

 自分の髪質に合ったヘアスタイルとヘアケア方法で、悩んでしまいがちな梅雨のスタイリングを楽しく乗り切りましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...