梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-25 06:00
投稿日:2021-06-25 06:00
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、梅雨時期に髪の毛が広がってしまう原因や梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルのコツ、自宅でできるヘアケアの方法をご紹介します。

なぜ、梅雨時期に髪の毛が広がるの?

雨は髪が広がるから嫌い…(写真:iStock)
雨は髪が広がるから嫌い… (写真:iStock)

 梅雨時期に髪の毛が広がるおもな原因は、髪の毛の「ダメージ」と「乾燥」です。

 私たちの髪の毛は、日々、ヘアカラーやパーマ、アイロンやドライヤー、紫外線など、さまざまなダメージを受けています。湿気の多い梅雨時期、ダメージによって乾燥した髪の毛は空気中の水分を多く吸収してしまい、その水分によって、髪の毛の広がりやうねりが起こりやすくなってしまうのです。

梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルの4つのコツ

少ない毛束を心がけて(写真:iStock)
少ない毛束を心がけて (写真:iStock)

 朝にしっかりスタイリングしたのに、あっという間にヘアスタイルが崩れてしまうと気分が落ちてしまいますよね。まずはじめに、梅雨でも綺麗にまとまるヘアスタイルのコツを見ていきましょう。ひと手間加えるだけで長時間ヘアスタイルをキープできるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

1. 水分の少ないスタイリング剤を選ぶ

 冒頭で説明した通り、梅雨時期に髪の毛が広がってしまう大きな原因は水分です。そのため、湿気の多い日には、水分の多いミストタイプやローションタイプのスタイリング剤はNG。

 朝のヘアスタイルを長時間キープさせたいなら、クリームタイプやワックス、スプレーなど、できるだけ水分の少ないものを使うようにしましょう。

2. コテやアイロンは少ない毛束で丁寧に

 コテやアイロンを使ってスタイリングする場合、梅雨時期はいつもよりも少ない毛束で、髪の毛の温度が均一になるように丁寧にスタイリングしましょう。

 ただ、ヘアスタイルをしっかりキープしたいからといって、コテやアイロンを長時間使用すると、髪の毛の広がりやダメージの原因になってしまこともあるので注意が必要です。

3. スタイリング剤をつける前に髪の毛を冷ます

 コテやアイロンを使用してすぐに、スタイリング剤をつけていませんか? 実は、髪が熱いうちにスタイリング剤をつけてしまうと、ヘアスタイルのキープ力が落ちてしまうため、髪の毛をしっかり冷ますことが肝心。

 冷ました後は、丁寧にほぐして最後にスタイリング剤をつけましょう。これが、綺麗なヘアスタイルを長時間キープするためのスタイリングのコツです。

4. うねりを生かして今どきアレンジに

 梅雨時期の髪の毛のうねりに悩んでいる女性も多いと思いますが、そのうねりを活かして今どきのヘアスタイルにアレンジするのもおすすめ。

 髪の毛を無理にストレートにまとめようとせず、ワックスをクシュクシュと揉みこんで、毛先に動きを出すようにスタイリングしてみましょう。悩んでいたうねりが、オシャレ感たっぷりのヘアスタイルに変わりますよ。

梅雨におすすめ♡ 自宅でできるヘアケア方法4選

蒸しタオルでしっかり浸透(写真:iStock)
蒸しタオルでしっかり浸透 (写真:iStock)

 梅雨の湿気に負けない髪を作るためには、日々の乾燥やダメージを最小限に抑えることが大事。続いては、自宅で簡単にできる4つのヘアケア方法をご紹介します。

1. 正しいシャンプーでしっかり頭皮ケア

 ヘアケアの基本は、シャンプーです。何も考えず、ゴシゴシ洗っている人も多いかもしれませんが、シャンプーは摩擦を避けて指の腹で頭皮の汚れを丁寧に落とすように行います。

 地肌を十分に濡らしてからシャンプーを手に取り、お湯でしっかり泡立ててから頭皮に乗せます。泡を頭皮全体にのばしたら、指の腹を使って生え際から少しずつ丁寧に洗いましょう。

2.トリートメントは蒸しタオルで浸透させる

 シャンプーで頭皮をしっかり洗い流したら、髪の毛の水気をタオルで拭き取り、毛先からトリートメントを塗ります。根元はほとんどダメージがないので、つけなくてOKです。

 蒸しタオルで全体を包み、トリートメントを7分〜10分ほど浸透させます。余裕があれば、蒸しタオルの上からラップを巻くと、さらに浸透力が高まりますよ。

3. アウトバストリートメントでプラスのケアを

 梅雨時期の広がりを抑えるためには、インバストリートメントだけでなく、アウトバストリートメントで髪の内部にしっかりと栄養を与え、余分な水分が入り込まないようにすることが大事です。

 シャンプー後、髪の毛を乾かす前に、毛先から根元の方向にトリートメントをつけます。乾かした後にパサつきが気になる場合は、最後の仕上げに追加で塗ってみると、髪が潤いますよ。

4. ドライヤーのかけすぎには注意

 毎日使用するドライヤーですが、ドライヤーをかけすぎてしまうと髪の毛がオーバードライの状態となり、ダメージの原因になってしまいます。

 事前にしっかりとタオルで髪の毛の水気を取り、ドライヤーをかける時間を少しでも短くすることを心がけましょう。

自分にピッタリのヘアスタイルで梅雨を楽しく乗り切ろう♡

梅雨だって自分らしく(写真:iStock)
梅雨だって自分らしく (写真:iStock)

 梅雨で湿気が多いとせっかくのヘアスタイルがうまく決まらず、イライラしてしまう女性も多いはず。そんな梅雨時期でも思い通りのヘアスタイルを叶えるためには、髪の毛に必要以上の水分を吸収させないことが大切です。

 自分の髪質に合ったヘアスタイルとヘアケア方法で、悩んでしまいがちな梅雨のスタイリングを楽しく乗り切りましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...