ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-07-18 04:34
投稿日:2021-07-17 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順位的に後回しになっているけれど、とても大切なパーツについてお話ししたいと思います。他の人がまだお手入れに積極的になっていない部分ですので、意識を少し向けるだけで全然違います。今回は具体的で簡単に実践できる方法をご紹介したいと思います。もっと美しくなりたい人、必読ですよ。

残念な髪の女子多し

残念なことに美しい髪を持つ人は稀なんです(写真:iStock)
残念なことに美しい髪を持つ人は稀なんです (写真:iStock)

 街でキレイな髪の女性を見かける率を筆者的に言いますと、辛口ですが2割前後でしょうか。とても少ない確率ですね。日本人の髪は美しいと世界から注目をされているにもかかわらず、バサパサで弱った髪の女性に多い3つの大きな原因とは……。

・古い安いドライヤーの使用
・自分で行うヘアカラー
・安価なシャンプー

 美容室に行った帰り、髪が艶々でサラサラなわけは、性能の良いドライヤーやヘアアイロンで仕上げしていることも大きな理由の一つです。もちろんシャンプーも髪に負担がなく品質の良い物を選んでいる場合が多いのです。髪を労わる3つのことのうち2つもクリアーしているわけですから当然かもしれません。

自分で染めるのはNG!毎日のケアをしっかりと

高価なドライヤーは自分への投資(写真:iStock)
高価なドライヤーは自分への投資 (写真:iStock)

 経済的なこともありますが、自分で行うヘアカラーはかなり髪を傷めるので、もう染めないか美容室でやってもらうかの二択にするべきでしょう。

 自分でヘアカラーをしている女性は一目見ただけでわかります。「髪の手入れをしようと思って、最近は美容室で5000円のトリートメントをしてもらっています」と言う女性に限って、日常を聞いてみると3000円ほどのヘアドライヤーを使い、シャンプーは旦那さんと兼用しているなんてケースも。

 こんな場合は、月に一度5000円のトリートメントをするよりも、自分専用に5000円のシャンプーを購入するほうが確実に髪は綺麗になります。

 そして、安すぎるドライヤーは熱風を当ててパサ毛を確実に作りあげているようなものです。品質のいいドライヤーは美しい自分づくりのためにも投資すべき代物でしょう。

 日本・中国・韓国。そういえば、アジアの美人芸能人の共通点は例外なくキレイな髪の毛です!

手は口ほどに物を言う

洗い物はゴム手袋がマスト(写真:iStock)
洗い物はゴム手袋がマスト (写真:iStock)

 色気を感じさせるパーツの一つとして、「キレイな手」は最高の武器になります。きちんとお手入れされた手は自分が思う以上にセクシーで若見えします。ぜひ、お手入れすべき部分です。

 まず、効果が上がりやすい悪習慣の人を挙げますと……。

・強めの洗剤を使う時もゴム手袋をしない過信タイプ
・ハンドクリームを塗る習慣がないタイプ
・手には日焼け止めを塗らないタイプ

 このような習慣がひとつでも当てはまるのであれば、意識を変えて改善すると効果がてきめんに出ます。

 まず、普段からゴム手袋を使わずに食器洗いをしている女性。肌が強めの人がやりがちな行為で、手が恐ろしくボロボロになるというわけではありませんが、特に家庭を持っている女性などは頻度が高いので必ず乾燥してきます。

 ここは人より一歩抜きんでて美しくなろうじゃないか!というテーマなので、面倒くさくてもハンドクリームを塗ってゴム手袋をして洗い物をしてみてください。

夏でもハンドクリームは欠かさずに

しっとりとした手をめざそう(写真:iStock)
しっとりとした手をめざそう (写真:iStock)

 筆者もかつては肌が強い“過信タイプ”でしたが、やがて年齢丸出しの手が恥ずかしくなり、ドラえもんのようにグーをしながら不自然に名刺を渡していました。

 そこで、ついに奮起してお手入れを開始。

 毎回忘れないように、使い捨て手袋とハンドクリームを大きめのコップに入れて習慣づけました。すると1週間も経たないうちに、しっとりとした手が蘇ってきました!

 眠っている間につける手袋も何度かチャレンジしましたが、朝起きると必ずベッドのまわりに手袋が投げ捨てられていました。睡眠中のケアは難易度が高いものだと断念。

 洗い物はぬるま湯でやり、手にクリームを塗ってから、ゴム手袋をはめると保湿効果は抜群です。

 日焼け止めは言うまでもなく、顔につけるついでに必ず手につける習慣をつけましょう。日焼けは乾燥を招くので厳禁です。これって案外うっかり忘れがちですね。若い人の手を見てキレイ!と思った事のある人は、今がお手入れを始める実にいいタイミングです。

まとめ

 美は1日にしてならず——。髪のお手入れ・手のケア。すぐに実行に移せることばかりです。このように、パーツを意識して磨きをかけると、前より確実に素敵になれますよ!

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理休暇は女性の権利!「ずるい」と思われない賢い伝え方
 生理で著しく就業が困難な女性に認められる「生理休暇」ですが、実際に活用している人は少ないようです。というのも、まだまだ...
「限定コフレ」にご用心!悲しすぎる失敗から学ぶ賢い買い方
 クリスマスやバレンタインなど、イベントごとが近づくと発売されるコフレ。イベントで高揚した気分も相まって、「さまざまなア...
ハンドクリームはシーン別に揃えよう 冬乗り切る3アイテム
 乾燥する冬は手肌のかさつきが気になります。手洗いや水仕事後の、小まめなハンドケアが必要ですよね。ハンドクリームをシーン...
どこでしくじった? 30代からどんどん綺麗になる人の秘密4つ
 20代の女性はどんな女性でも若さに溢れて美しいですが、30代を過ぎた頃から見た目に大きな差が開いてきますよね。30代を...
あーイライラ!“鉄板”漢方でプレ更年期と戦う【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代メイクフェチがお伝えしたい! 劇的に垢抜ける「ハイライト」術
 アラフォー女性のみなさん! ツヤ肌に見せたいからといって、顔中あちこちにハイライトをのせてギラギラにしてしまっては、せ...
「漢方の基本」プレ更年期世代の素朴な疑問10【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
amazonで常に上位!男を惑わす「フェロモン香水」試したら
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
単品より定食!? ダイエット中なのに外食が多い人のメニュー選び
「外食=太りやすい」というイメージが強いため、ダイエット中はできるだけ避けたいと思う人も多いはず。でも仕事が忙しいと、つ...
“ヘアアレ”下手回避!意外と知らない「スタイリング剤」の種類&選び方
 女性にとって、ヘアスタイルは重要なポイント! 毎朝、鏡に向かって髪の毛と格闘している人も多いのではないでしょうか。理想...
マスクを外したくないけどー!素顔バレの葛藤を乗り越える法
 コロナ禍でマスクが欠かせない生活が3年も続いています。最初は息苦しさを感じていたものの、いざマスクを外すとなると、マス...
黒ゴム注意報発令!「老けて見えない」まとめ髪で脱おばさん
 まとめ髪をした自分が鏡に映って、「なんか老けた?」と悲しくなったことはありませんか? 若い頃は、何も考えずにささっとま...
プチプラでアイメイク格上げ!一周回ってキャンメイク&セザンヌが良き♡
 私はいまだにマスクをつけて外出する機会が多く、そんな時はアイメイクしかしていません。そしてマスク姿だと、何だか街中全員...
糖化はお疲れ女性の敵!若さを保つ食事法5選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「ノーズシャドウ」アラフォーの“ケバ・ダサ”残念テクを解説
 眉から鼻にかけてノーズシャドウを入れることで、簡単に彫りが深いハーフのような目鼻立ちの顔に見せられるため、最近では数年...
アンミカ歯磨き粉「ミカホワイト」でホンマに歯は白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...