合わないファンデどうしてる? 5つの活用方法と選び方のコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-25 06:00
投稿日:2021-10-25 06:00
 ファンデを購入する時って、新作や違うメーカーのものを使ってみたい衝動に駆られますよね。しかし、実際に使ってみたら「合わない」と後悔した経験がある人も多いようです。でも、実は合わないファンデも、無駄にせずに活用することができるんですよ♪ そこで今回は、合わないファンデの活用方法と同じ失敗をしないための選び方のコツをご紹介します。

合わないファンデを無駄にしない!5つの活用方法

せっかく買ったけど合わない…(写真:iStock)
せっかく買ったけど合わない… (写真:iStock)

 合わないファンデをそのまま放置してしまったり、捨ててしまう人は多いかもしれません。そんな時は、これからご紹介する活用方法を用いることで無駄にせずに済みますよ。

1. ほかのファンデで混ぜて使う

 ファンデが「合わない」と感じる一番の理由は、肌色に合わないということではないでしょうか。肌よりも明るすぎたり、暗すぎてしまうと、メイクは不自然になってしまいますよね。

 これをカバーするためには、ほかのファンデと混ぜて使うことがおすすめ。パウダータイプもリキッドタイプも、混ぜることで自分の肌色に近づけることができますよ。

2. シェーディングやハイライトとして使う

 ファンデーションは顔全体に用いて肌を整え、肌を美しく見せてくれるもの。でも、合わないファンデの場合は、目的を変えてシェーディングやハイライトとして用いてみるのも一案です。

 たとえば、肌色よりも濃い場合には、眉山の外側などに用いることでシェーディングとして使うことができますし、肌色よりも白い場合にはハイライトとして目の下、鼻の脇に入れると、顔全体に立体感をプラスすることができます。

3. 乾燥する場合は乳液やオイルをプラス

乾燥が気になるなら乳液をプラス(写真:iStock)
乾燥が気になるなら乳液をプラス (写真:iStock)

 乾燥が気になって、「ファンデが合わない」と感じている人もいるでしょう。

 そんな人は、ファンデーションに油分のある乳液やオイルを少量プラスしてみるのがおすすめ。そうすることで保湿力がアップするだけでなく、ツヤ感も演出できますよ。

 ただし、多く入れ過ぎてしまうとテカリやメイク崩れの原因となってしまうので、ほんの少量ずつプラスしていくことをおすすめします。

4. カバー力が足りない時はコンシーラーをプラス

 「カバー力が足りない」という理由から、ファンデが合わないと感じている人もいるでしょう。

 そういった場合は、ファンデを用いる前にカバー力のあるコンシーラーを用いてみると問題が解決するはずです。コンシーラーは気になる部分だけをピンポイントでカバーできるため、ファンデの厚塗りを防ぐこともできますよ。

5. ルースパウダーをプラスし透明感を出す

 ファンデにはさまざまなタイプがあり、仕上がりが異なります。もしも、マットな仕上がりが気に入らず、「ファンデが合わない」と感じているのであれば、メイクの最後にルースパウダーをプラスしてみましょう。透明感が出るため、これだけで、仕上がりが変わります。

 細かいラメ入りのものを選ぶと、ツヤを出すこともできますね。

ファンデ選びで同じ失敗をしない!選び方のコツ

色は慎重に選んで!(写真:iStock)
色は慎重に選んで! (写真:iStock)

 ファンデ選びに一度失敗してしまうと、新しいファンデを選ぶ時に悩んでしまいますよね。そんな時は、以下のコツを覚えておくと便利ですよ。

1. フェイスラインの色に合わせる

 あなたはファンデのカラーをチェックする時、どこで色を合わせていますか? 多くの人は、顔の中心部分に合わせているのではないでしょうか。

 しかし、ファンデ選びに失敗しないためには、顔の中心ではなくフェイスラインに合わせるのがコツ! 顔だけ白浮きするのを防ぐことができますよ。

2. 肌質に合ったものを選ぶ

 ファンデ選びはカラー選びも重要ですが、肌質に合わせることも忘れてはいけません。乾燥肌の人は、保湿効果の高いもの。脂性肌の人は、付け心地の軽いものがおすすめ。肌質に合ったファンデを選ぶことで、メイク崩れを防ぐことにもつながります。

3. さまざまな角度から色を確認

 ファンデを選ぶ時には、実際に肌に付けてみるのが失敗しないコツですが、その時にはさまざまな角度から確認することも大切です。光の当たり方によって見え方が異なるため、照明の色合いなども注意しましょう。

4. 下地と相性の良いものを選ぶ

 ファンデの効果をより発揮させるためには、相性の良い下地を選ぶこともコツのひとつ。お手持ちの下地を用いる場合は、重ねた時にファンデのカラーに影響がないかも確認しておきましょう。

合わないファンデも捨てずに上手に活用しよう!

諦めないで活用しよう!(写真:iStock)
諦めないで活用しよう! (写真:iStock)

 せっかくファンデを購入しても、「合わない」のは残念なこと。しかし、ファンデは工夫次第でいろいろな使い方ができるので、諦めずに、上手に活用していきましょう♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...