合わないファンデどうしてる? 5つの活用方法と選び方のコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-25 06:00
投稿日:2021-10-25 06:00
 ファンデを購入する時って、新作や違うメーカーのものを使ってみたい衝動に駆られますよね。しかし、実際に使ってみたら「合わない」と後悔した経験がある人も多いようです。でも、実は合わないファンデも、無駄にせずに活用することができるんですよ♪ そこで今回は、合わないファンデの活用方法と同じ失敗をしないための選び方のコツをご紹介します。

合わないファンデを無駄にしない!5つの活用方法

せっかく買ったけど合わない…(写真:iStock)
せっかく買ったけど合わない… (写真:iStock)

 合わないファンデをそのまま放置してしまったり、捨ててしまう人は多いかもしれません。そんな時は、これからご紹介する活用方法を用いることで無駄にせずに済みますよ。

1. ほかのファンデで混ぜて使う

 ファンデが「合わない」と感じる一番の理由は、肌色に合わないということではないでしょうか。肌よりも明るすぎたり、暗すぎてしまうと、メイクは不自然になってしまいますよね。

 これをカバーするためには、ほかのファンデと混ぜて使うことがおすすめ。パウダータイプもリキッドタイプも、混ぜることで自分の肌色に近づけることができますよ。

2. シェーディングやハイライトとして使う

 ファンデーションは顔全体に用いて肌を整え、肌を美しく見せてくれるもの。でも、合わないファンデの場合は、目的を変えてシェーディングやハイライトとして用いてみるのも一案です。

 たとえば、肌色よりも濃い場合には、眉山の外側などに用いることでシェーディングとして使うことができますし、肌色よりも白い場合にはハイライトとして目の下、鼻の脇に入れると、顔全体に立体感をプラスすることができます。

3. 乾燥する場合は乳液やオイルをプラス

乾燥が気になるなら乳液をプラス(写真:iStock)
乾燥が気になるなら乳液をプラス (写真:iStock)

 乾燥が気になって、「ファンデが合わない」と感じている人もいるでしょう。

 そんな人は、ファンデーションに油分のある乳液やオイルを少量プラスしてみるのがおすすめ。そうすることで保湿力がアップするだけでなく、ツヤ感も演出できますよ。

 ただし、多く入れ過ぎてしまうとテカリやメイク崩れの原因となってしまうので、ほんの少量ずつプラスしていくことをおすすめします。

4. カバー力が足りない時はコンシーラーをプラス

 「カバー力が足りない」という理由から、ファンデが合わないと感じている人もいるでしょう。

 そういった場合は、ファンデを用いる前にカバー力のあるコンシーラーを用いてみると問題が解決するはずです。コンシーラーは気になる部分だけをピンポイントでカバーできるため、ファンデの厚塗りを防ぐこともできますよ。

5. ルースパウダーをプラスし透明感を出す

 ファンデにはさまざまなタイプがあり、仕上がりが異なります。もしも、マットな仕上がりが気に入らず、「ファンデが合わない」と感じているのであれば、メイクの最後にルースパウダーをプラスしてみましょう。透明感が出るため、これだけで、仕上がりが変わります。

 細かいラメ入りのものを選ぶと、ツヤを出すこともできますね。

ファンデ選びで同じ失敗をしない!選び方のコツ

色は慎重に選んで!(写真:iStock)
色は慎重に選んで! (写真:iStock)

 ファンデ選びに一度失敗してしまうと、新しいファンデを選ぶ時に悩んでしまいますよね。そんな時は、以下のコツを覚えておくと便利ですよ。

1. フェイスラインの色に合わせる

 あなたはファンデのカラーをチェックする時、どこで色を合わせていますか? 多くの人は、顔の中心部分に合わせているのではないでしょうか。

 しかし、ファンデ選びに失敗しないためには、顔の中心ではなくフェイスラインに合わせるのがコツ! 顔だけ白浮きするのを防ぐことができますよ。

2. 肌質に合ったものを選ぶ

 ファンデ選びはカラー選びも重要ですが、肌質に合わせることも忘れてはいけません。乾燥肌の人は、保湿効果の高いもの。脂性肌の人は、付け心地の軽いものがおすすめ。肌質に合ったファンデを選ぶことで、メイク崩れを防ぐことにもつながります。

3. さまざまな角度から色を確認

 ファンデを選ぶ時には、実際に肌に付けてみるのが失敗しないコツですが、その時にはさまざまな角度から確認することも大切です。光の当たり方によって見え方が異なるため、照明の色合いなども注意しましょう。

4. 下地と相性の良いものを選ぶ

 ファンデの効果をより発揮させるためには、相性の良い下地を選ぶこともコツのひとつ。お手持ちの下地を用いる場合は、重ねた時にファンデのカラーに影響がないかも確認しておきましょう。

合わないファンデも捨てずに上手に活用しよう!

諦めないで活用しよう!(写真:iStock)
諦めないで活用しよう! (写真:iStock)

 せっかくファンデを購入しても、「合わない」のは残念なこと。しかし、ファンデは工夫次第でいろいろな使い方ができるので、諦めずに、上手に活用していきましょう♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...