「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-20 06:00
投稿日:2022-01-20 06:00
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多いでしょう。しかし、今までコンタクトレンズすら使用したことがない人にとって、カラコンの使用は不安が多いのではないでしょうか? そこで今回は、はじめてカラコンを使う人が知っておきたい注意点をご紹介します。

はじめてカラコンを使う人必見! 基本の3つの注意点

 カラコンは以前まで雑貨店などでも販売していたため、雑貨と同類と考えている人もいるでしょう。しかし、現在は高度管理医療機器の扱いとなっているため、使用に注意が必要なんですよ。

1. 装着時間

 カラコンはファッションのために取り入れる人も多いですが、医療機器扱いであることを忘れてはいけません。そのため、大前提として装着時間を守ることが必須! 慣れるまでには個人差がありますが、医師の指示通りのスケジュールを守りましょう。

2. 使用期限

 カラコンは、いつまでも使えるものではなく、必ず使用期限があります。開封、未開封に関わらず、万が一使用期限を過ぎたものを装着してしまうと、レンズの劣化により目を傷つけてしまう恐れがあります。期限をしっかりと確認するようにしましょう。

3. 違和感があったら医師に相談する

 装着時間や使用期限などを守っていても、カラコンを付けていることで目に違和感を感じることがあります。そんな時は無理に使用を続けず、早めに医師に相談しましょう。放っておくと、後で取り返しがつかないことになるかもしれませんよ。

はじめてのカラコン装着時に気を付けたい7つの注意点

 はじめてカラコンを使用する人は、分からないことが多いはず! 実はカラコンを安全に使用するためには、装着時にも気をつけなければいけないことがあります。

1. 清潔な手で装着する

 カラコンは、当然ですが、手で装着することになります。そのため、カラコンにゴミがついたり、傷をつけないためにも清潔な手で装着することが必要です。

 また、カラコンにメイク汚れなどがつかないために、メイク前に装着するのがベターです。

2. 装着前にレンズを確認する

 カラコンに慣れてくると、流れ作業で装着してしまいがち。しかし、安全にカラコンを使うためには、装着前のレンズの確認が欠かせません。

 レンズに傷がないか、裏表は間違っていないかなどを確認して使用することで、目のトラブルを未然に防ぐことができます。

3. 水道水は使わない

 カラコンに慣れていない人は、洗浄する時に水道水で洗おうと考える人も多いでしょう。しかし、水道水で洗ってしまうと細菌がついてしまったり、レンズが変形する恐れがあるため、カラコンを洗う際には必ず洗浄液を使うようにしましょう。

4. 保存液は毎日交換

 カラコンを外したら、保管方法にも注意が必要です。清潔なレンズケースに保存液を入れ、そこにカラコンを保管します。

 使わない日は、そのままにしておきがちですが、細菌が繁殖しないためにも毎日保存液を交換するようにしましょう。

5. 正しい方法での保管

 カラコンは保管環境も大切です。直射日光が当たる場所、高温多湿な場所、凍結するような場所は避けて保管することで、レンズの変形や破損を防ぐことができます。

 常温保存することで、安全に使用することができるでしょう。

6. 夜間運転時の使用は避ける

 カラコンをすると見た目の印象が大きく変わりますが、付けている本人は、カラコンに色素が入っていることで見えにくくなったり、ぼやけてしまうことがあるようです。

 そのため、夜間の運転は避けましょう。暗い場所では視界がより暗くなるため、注意が必要です。

7. 重ね付けや貸し借りはしない

 度入りコンタクトレンズとカラコンの重ね付けは、目にかかる負担が大きくなります。外れやすくもなるため、重ね付けはNG!

 また、直接目に装着するものですから、結膜炎などの感染を防ぐためにも、友達との貸し借りは絶対にやめましょう。

カラコンは高度管理医療機器! 正しい使い方をしよう

 カラコンは気軽に使えるファッションアイテムの一つではありますが、アクセサリーではありません。高度管理医療機器という扱いになっているということは、正しい使い方をしなければトラブルが起こるということ! それを忘れず、正しい使い方を心がけましょう。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...