「ナポリそば」麺は茹でずにレンジでチン!パスタよりも簡単

コクハク編集部
更新日:2021-02-07 06:00
投稿日:2021-02-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生さんに、麺を茹でずにチンするだけで作れる簡単美味しい「ナポリそば」のレシピを教えていただきました。

トマト缶を加えるとコクが出る

合う酒=ビール、ハイボール、ワイン(C)コクハク
合う酒=ビール、ハイボール、ワイン (C)コクハク

 沖縄そばは“そば”といっても、そば粉ではなく中華麺で打ちます。それをケチャップで炒めた料理は、ケチャップ焼きそばといわれますが、まぁナポリタンです。取材と撮影を終え、出来上がりから40分ほど経過したナポリそばを口に運ぶと……。

「ウマい。全然のびていないし。パスタだったら、のび切っていて食えたもんじゃないぞ」

 一緒に試食したカメラマンが驚きました。冷めてはいても、麺はアルデンテのままです。なんで?

「そばを茹でないの。生麺の沖縄そばを買ってきたら、電子レンジで温めてから炒めればいいさ」

 生地から切り出された沖縄そばは湯がいて油をまぶしてから袋詰めされます。茹でずに済むのはそのためで、炒める時の水も不要だからそばがのびにくいんです。

「そばが冷たいと、麺に火が通りにくくて、ほかの具材を炒め過ぎる。レンジで温めるのは、手早く炒めるためさぁ」

 トマトの風味が深く感じるのは?

「具材を炒めたら、日本酒を回しかけるでしょ。ケチャップのほかに、トマト缶を加えると、コクが出るの」

 麺を茹でない分、パスタで作るより楽だし、断然、沖縄そばの方が美味しい。子供はご飯に、パパはツマミに。家族全員喜ぶ一品です。

材料

・沖縄そば 1玉
・スパム(豚小間)  100グラム
・タマネギ 4分の1個
・ピーマン 1個
・日本酒 少々
・ケチャップ 大さじ3杯
・トマト缶 大さじ2杯
・塩 少々
・コショウ 少々
・油 適量

レシピ

(1)沖縄そばを耐熱ボウルなどに入れて電子レンジで1分温めておく。
(2)タマネギは薄切り、ピーマンはヘタを取って細切り、スパムは1センチ程度の幅で短冊切りにする(豚肉は一口大に)。
(3)熱したフライパンに油を引いて、スパム、野菜の順に入れて炒める。
(4)スパムに火が通ったら日本酒を振る。
(5)3にケチャップとトマト缶を加え、素早く味を絡める。
(6)塩とコショウで味を調えたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…宮良隆生さん

▽宮良隆生(みやら・たかお)
 沖縄県石垣島出身。お酒と音楽をこよなく愛し、店の2階には沖縄大衆芸能の開拓者で「てるりん」こと故・照屋林助さんの遺志を伝えるべく、「てるりん館東京」を開設。息子で三線職人の林次郎さんが館長で、不定期にライブや展示会が開かれる。

▽みやら製麺
 東京・上野の黒門小学校の南側にある沖縄そば店。麺は、八重山諸島で親しまれている八重山風の丸麺を毎日打っている。化学調味料を使わず、丁寧にとったダシは透き通っていて、「本場よりウマい」と評判。現在はランチ営業のみ。東京都台東区上野1―2―8。

関連キーワード

フード 新着一覧


「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-12-21 01:21 フード
真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さん...
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
イタリアンな「魚介のサラダ」時短&失敗ナシなのに主役級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ニンジンのサラダ クミン風味」カレー風味の“なます”です
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...
和食の基本と潔さ 手間をかけただけおいしくなる「煮ガキ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...