横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)

コクハク編集部
更新日:2022-01-19 12:47
投稿日:2022-01-13 06:00
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて時はあえてカレーを食べるようにしています。スパイスがじんわり体を整えてくれるんですよねー。今回は、横浜のディープスポット福富町にて絶品カレーを食してきました。

美しすぎるカレーにうっとり

美しすぎる(C)コクハク
美しすぎる (C)コクハク

 どうですか、このビジュアル。カレーっていうかアート? なんらかの絵画?

 こちらのカレーを提供してくれるのは、丸祇羅(マルマサラ)さん。なんとも淫靡な雰囲気が漂う横浜は福富町の雑居ビルの3階にございます。

オシャレな店内(C)コクハク
オシャレな店内 (C)コクハク

 観葉植物が置かれた店内はとにかくオシャレ。木のぬくもりを感じる内装に、大きな窓からの優しい光が映えます。窓の模様もGood!

 特筆すべきはBGM。なんとヒグラシやスズムシなどの虫の音が流れているんです。まるで祖母の家で過ごす夏休みのよう。リラックスすること間違いなしですよ。

魅力的なトッピングたち

かわいいメニュー(C)コクハク
かわいいメニュー (C)コクハク

 手書きのメニューがなんともかわいらしい。真ん中にいる謎の生物はお店のキャラクターなのでしょうか?

 筆者がいただいたのは「本日の丸祇羅」+300円でフィッシュアラバールのあいがけにしました。そしてさらにトッピングでホタテアチャール(300円)とスパイスラムチョップ(600円)を追加。残念ながらスパイス味玉は売り切れだったので、泣く泣く断念。

おかわり急募!(C)コクハク
おかわり急募! (C)コクハク

「ホタテアチャールはおつまみにもいいですよ」とのことなので、ビールと一緒に先に出していただきました。

 スパーシーなオイルにたっぷりとホタテの出汁が染みていて、これはウマい! 丼いっぱい食べられる自信があるわ。

ラムチョップあと5本欲しい(C)コクハク
ラムチョップあと5本欲しい (C)コクハク

 ラムチョップもジューシーでおいしい。羊の臭みはまったくなく、スパイスの複雑なうま味が口いっぱいに広がります。このラムチョップ、筆者が注文した直後に売り切れました。危なかったー。

カレーのお味は、辛さ控えめだけどとってもスパイシー。滋味深い味わいです。ご飯少な目にしたことを後悔。パラリと炊き上げたインディカ米はほんのりと甘くて、なんかもうご飯だけでもおいしい。大盛りにすればよかった。

 この日は予約なしでの訪問だったのですが、運よく2組目の案内でした。30分ほど並んだかな。普段はかなり長い行列ができるのだそうです。お店のインスタにDMすることで予約可能とのことなので、次回はそうしようっと。

おまけ

楽しい2022年になるといいな(C)コクハク
楽しい2022年になるといいな (C)コクハク

 カレーを食した後、願い事が叶うと評判の「野毛山不動尊 横浜成田山」にお参りへ。

 2022年も健康に自分らしくマイペースに過ごせるようお祈りしてきました。あと、おいしいものがたくさん食べられますようにとも(笑)。

猫の表情がキュート(C)コクハク
猫の表情がキュート (C)コクハク

 かわいいねこみくじもありましたよ。小吉でした。ちょっとビミョーだけど猫が可愛いからヨシ!

(編集K)

丸祇羅
adress:神奈川県横浜市中区福富町仲通4-2 一和ビル3F 

フード 新着一覧


レンジでポテチが作れる! 100均グッズレポ 2021.11.6(土)
 100均ショップが好きです。欲しいものがなくても、とりあえず週に1度は宝探し感覚で覗きに行きます。最近の100均ショッ...
「すきじゃが」牛肉の代わりに鶏肉や豚肉でもおいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・中目黒の「和食屋 だれかれ」の福田雅宣さ...
「鰹とキムチのクリームチーズ和え」丼にして晩酌の締めにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・中目黒の「和食屋 だれかれ」の福田雅宣さ...
「牡蠣の柚子胡椒焼き」表面はカリッと中はふわっと柔らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・中目黒の「和食屋 だれかれ」の福田雅宣さ...
毎日食べたい味「ナスとピーマンとじゃこのショウガ炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・中目黒の「和食屋 だれかれ」の福田雅宣さ...
相模原市「たまご街道」でおいしいもの巡り 2021.11.1(月)
 手頃な価格でありながら、栄養たっぷりのたまごは私たちの生活には欠かせないもの。筆者も一日一個は必ず食べるようにしていま...
「キノコと明太子和え」コツは明太子を余熱で和えること
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・中目黒の「和食屋 だれかれ」の福田雅宣さ...
ホッとする一杯「ウナギ茶漬け」ウナギは酒蒸しでふっくらと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
激辛からの卒業? ペヤング新商品を実食 2021.10.27(水)
 なんということでしょう! まるか食品さんがまたしても新商品をリリースしました。その名も「社員が思う一番美味しい辛さ」。...
ホムパ何持ってく?おかぶりしない手土産 2021.10.26(火)
 ホームパーティにお呼ばれした際の手土産選び、楽しいけれども、迷いますよね。。  先だって、仲良くさせていただいて...
市販のかば焼きで「ウナギの柳川鍋」 煮込む前にサッと炙る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
出汁を使わない「うまき」 卵液はウナギのタレと水で溶く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
辛くて美味しい「雷コンニャク」 コクの秘密はウナギのタレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...