「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)

コクハク編集部
更新日:2022-06-23 11:57
投稿日:2022-06-23 06:00
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるように……。

御菓子処すだの「エンガトルテ」

た、食べたことがない…(C)コクハク
た、食べたことがない… (C)コクハク

 アラフォーです、いいトシです。大それたものではなく、さり気なく、「ほんの気持ち」をブツ(!)で示せるようになれたらいいなあ。

 新潟・柏崎にIターンした学生時代の友人から送られてきた、地元の人気店「御菓子処すだ」の「エンガトルテ」。スイスのエンガディン地方に伝わる伝統菓子をアレンジした焼き菓子で、バターをふんだんに使ったリッチなクッキー生地の中に、生クリームのたっぷりのキャラメルにクルミがざっくざくと入った“骨太”系のスイーツです。

「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品(C)コクハク
「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品 (C)コクハク

 筆者は「リッチショコラ」という期間限定品をもらったのですが、コーヒーに合う! ちょうどいいサイズ感で、小腹が空いたときにもぴったりです。

 リッチショコラは、クルミのほかにヘーゼルナッツも入っているWナッツ仕様。生地もカカオ60%のチョコレートが練り込まれたココアタイプです。

かぶりつくのが正解かも?(C)コクハク
かぶりつくのが正解かも? (C)コクハク

 リピしたいと思い、店のHPを見ると実店舗は新潟県内に2店舗のみの展開。オンラインショップはあるものの、都内で買えないのね……と思うと、ありがたみもマシマシでした。5個入りで1050円。

京らく製あん所の「あんビスキュイ」

「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円(C)コクハク
「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円 (C)コクハク

 横浜在住の方と打ち合せした際にいただいたのが、京らく製あん所の「あんビスキュイ」です。京都に本社を構える製菓会社が打ち出すブランドの新商品。おしるこやもなかを販売している同会社は、和菓子の命ともいえるあんこは得意中の得意です。

つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り(C)コクハク
つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り (C)コクハク

 こだわりまくっている「餡」をバターをふんだんに使ったビスキュイ生地で挟んだ、これまたフィンガーサイズなのに“骨太”系のスイーツです。

 実店舗は京都、大阪、そして横浜のみ。オンラインでも購入オッケー。

ほんの気持ちとして「喜ばれるお菓子」7カ条

自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道(C)コクハク
自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道 (C)コクハク

 お菓子は、心温まる「ほんの気持ち」にぴったりの贈り物。そこにちょびっとだけ、特別感を出すにはどんな条件がいいのかしら……? まとめてみました。

1. オンラインでも購入できるけれど、店舗数や販売エリアが限られている
2. “知る人ぞ知る”感があったらなおよし
3. 上限1500円程度(2000円だと、ちょっと高いイメージ)
4. 自分自身に贈りたい(贈られたら嬉しい)と思うかどうか
5. 2週間から1カ月ぐらいは日持ちがする
6. 手乗りサイズの個包装(食べ過ぎ予防←ここ大事)

 そうそう。「息抜きもしてね」といったことばをかけていただきました。面と向かってではなくても、小さなカードを添えてもいいですね。さり気ない気遣いが感じられる「ことば」は大事であり、ジーーーンと響きます。

7. ことばを添える

 こちらも、加えまして。

 贈り物をする行為自体、“自己満”かもしれませんが、それをいっちゃあ、おしまいよ(苦笑)。7カ条を心に刻み、贈り物上手に近づけたらいいな、と思う今日この頃です。

 上記のお菓子はいずれもフィリングと生地の歯ざわり&コントラストが絶妙で、甘さの余韻も上品。ついつい手が伸びてしまいそうになる禁断のスイーツですので、「6. 手乗りサイズの個包装」は要注意です(苦笑)。

 でもって、「4. 自分自身に贈りたい」を実践されてもよろしいかと思っております。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


浅草「壽々喜園」“世界一濃い抹茶”を堪能 2022.2.26(土)
 抹茶スイーツの人気はとどまらず、今ではどこへ行っても食べられる定番商品ですよね。そんな飽和状態を勝ち抜き、インスタやT...
「ガイヤーン」タイ料理の鶏もも肉BBQはロゼワインに合う♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、鶏...
高校生発案! ペヤング たこめし風やきそば 2022.2.24(木)
 先日コンビニで、不思議な商品を見つけました。その名も「ペヤング たこめし風やきそば」。おいおい、まるか食品さんよ。たこ...
「カイチャオムーサップ」THEおふくろの味♡タイ風オムレツ
伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、タイ...
「秘伝の万能ドレッシング」最強!お酒を呼ぶサラダが完成♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、サ...
浅草の老舗天ぷら「三定」実食レポ 2022.2.19(土)
 東京・浅草グルメといえば天ぷらですよね。浅草には、天ぷら屋がたくさんあるので、いつも迷ってしまいます。どのお店も大盛況...
「キュウリのソムタム」甘辛酸っぱいドレッシングが後を引く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、甘...
「カレーの聖地」神保町で極上カレーランチ 2022.2.17(木)
 近年じわじわと人気を集めている「南インド料理」。筆者も大好きです。  こっくりとしたカレーをナンで食べるおなじみの北...
「イカの醤油バターソテー」焦がしバターと醤油の香ばしさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
「ジャガイモグラタン」食材の特性を生かした家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
「ムール貝の白ワイン蒸し」酒蒸しは飲むお酒に合わせて選ぶ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
脱マンネリ! 丸ごとレモンで“レモン湯豆腐”2022.2.10(木)
 住宅街に突如現れるこちらのなにやらおしゃれなオレンジ色の建物。なんと「青果ミコト屋」という八百屋さんなんです。 ...
ご当地スイーツ青森編♡ お手頃価格でネットでも買える3品!
 青森を代表するご当地スイーツといえば、ラグノオの「パティシエのりんごスティック」や「気になるりんご」がチョー有名ですが...
甘いものが苦手な彼に♡ラムトリュフとトリュフ餅はいかが?
 恋人の祭典となっている「バレンタインデー」は、日本では女性から男性にチョコレートを贈る文化が根づいていますよね。けれど...
並木まき 2022-02-08 06:00 フード
「ニンジンのパスタ仕立て カニを添えて」生ニンニクが◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
韓国おやつ「ホットク」作ってみた! 2022.2.5(土)
 最近の韓国グルメといえば、チーズハットクやトゥンカロンが話題ですが、「ホットク」も根強い人気があるのを知っていますか?...