お泊りデートで使える!男が喜ぶ“すっぴん風美肌”の仕込み方

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-11 07:01
投稿日:2019-09-07 06:00
 男性の好きな「すっぴん肌」は、“ガチンコのすっぴん”というよりも「すっぴんに見える美しい肌」というのも現実。ということは、お泊りデートで「すっぴん風に見える美肌」をメイクで作り込めれば、彼からの「かわいい」をゲットするのにひと役買ってくれます。
 時短美容家の並木まきが、お泊りデートで使える“すっぴんにしか見えない美肌を仕込むテク”をご紹介します。

「すっぴん風」はノーファンデで仕込むのが鉄則

 すっぴん肌に見せるファンデーションも数多くありますが、お泊りデートなどプライベートなシーンでは、“ちょっとのファンデーション”が“大きな違和感”を生むこともあり、人工的な肌感にわざとらしさを感じる場合も多々。

 よって、すっぴん風を極めるなら、潔くノーファンデで勝負するのが確実です。とはいえ「ノーファンデだと、肌のくすみやシミがカバーできないんじゃないの?」と思う人もいますよね?

 実は、最近のコスメにはファンデーションじゃなくても、そこそこのカバー力を発揮してくれる便利なアイテムがあります。

【あわせて読みたい】童顔になりたい!年齢より幼く見せるメイクや髪型のポイント

お泊りデートの「すっぴん風肌」は日焼け止めでつくる!

 そこで便利なのが、日焼け止め。最近の日焼け止めは、化粧下地として使えるカバー力に優れたものも多く、これこそが「何も塗っていない」かのようなすっぴん風肌を仕込むのに便利なのです。

 ちなみに、完全なる“日焼け止め”として売られているアイテムより、コスメメーカーから出ている“下地を兼ねる日焼け止め”がすっぴんメイクには最適。下地の機能があるものであれば、くすみや肌の色ムラ、ちょっとしたシミくらいならきちんとカバーしてくれます。

 そして、日焼け止めを塗った肌のうえから、ツヤ感や血色を軽く加えれば、それだけですっぴんがワンランクアップしたかのような“すっぴん風メイク”の完成。ちなみに私は、出張や旅行先などで「ばっちりメイクはやりすぎだけど、完全なるすっぴんも恥ずかしい」という場面で、こちらを愛用中です。

 仕上げに「キャンメイク パウダーチークス PW43」を頬に広めに入れて、自然な血色感を出しています。

「ディアダリア スキンパラダイスピュアモイスチャーサンローション」はベタつかずにのびがよく、透明感が出る仕上がりが、すっぴん見せメイクに最適。

 そこに「シャネル ボームエサンシエル トランスパラン」の上質なツヤ感を加えると、肌の内側からうるおっているかのようなみずみずしい仕上がりに見えます。

やりすぎない美肌が最強

 お泊りデートでのメイクは「やりすぎ」でも男ウケを狙いにくく、かと言って正真正銘の「すっぴん」だとメイクした顔とのギャップに幻滅するという男性も。

 人工的になりすぎない自然な“盛りテク”で、清潔感のあるすっぴん風美肌を仕込めれば、最強です!

【あわせて読みたい】乳液でメイク直しを! たった5分でできるツヤ肌キープ方法

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


半信半疑なSHEINの美容グッズ…歯のホワイトニングシートで白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
口臭・体臭・尿の悪臭…私のニオイの源は「糖質オフダイエット」が原因!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
鹿ちゃんは関係ないよ! 話題の「シカクリーム」の人気の理由は?
 美容アイテムを売っているお店でよく見かける「シカクリーム」。はじめて見た人は「鹿のクリーム?」なんて想像した人もいるか...
2024-01-17 06:00 ビューティー
水蜜桃メイク知ってる?トレンドど真ん中、たった4︎分で叶う衝撃ハウツー
 水蜜桃メイクというメイク法をご存じですか? 中国発でSNSを中心に話題になっているトレンドメイクのひとつで、ピ...
まだまだ流行中のキャップ! 40代コーデで野球少年風を卒業するコツは?
 帽子コーデが好きな人が、必ず定番で持っているのがキャップです。でも、子供っぽくなったり、大人っぽいスタイルにどう合わせ...
30~40%の日本女性が整形!? それでも踏み切れない4つの理由
 今では、美しくなるための手段として珍しくなくなってきている整形。日本では30%〜40%の女性が、生涯のうちに1回は整形...
新年だしスッキリしよ! 昔の服が捨てられない人への処方箋
 必要最低限のお気に入りの持ち物で生活する「ミニマリスト」とは対照的に、「物を捨てられない」と悩む人はたくさんいますよね...
新年初買いはECサイトで30%オフのパンツ!プロの接客と裾上げにも涙…
 冬のセール真っ只中、仕事の合間にD2Cブランドのワイドサテンパンツをポチっとしました(笑)。で、手元に届いた“戦利品”...
【専門家監修】心を健康に! 自己肯定感を上げるセルフコンパッション術
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
奇抜とは限らない!40代加齢のドヨーン顔回避に「アシメ前髪」はいかが
 左右非対称の「アシメ前髪」は、少し個性的で奇抜だというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。ましてや、若い子が...
ガタガタ眉でも諦めない!たった2分で誰でも左右対称の美眉になれるテク
 眉毛メイク、左右対称に描けていますか?  筆者は、メイクの中で眉毛に一番時間がかかってしまい、なかなか納...
チョロっと出てたら恥部!鼻毛のお手入れ頻度は?抜いたらダメ??
 日常生活で、見られたら絶対に恥ずかしいのが「鼻毛」です。見られた本人も恥ずかしいし、見てしまった人も指摘しにくい! で...
【2023年人気記事】尿のニオイでわかるサインと対処法(専門家監修)
 2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記事を再掲載します。こちらの記事初...
【2023年人気記事】たかがパンツされどパンツ、30年ぶりのTバックで…
 あけましておめでとうございます。2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記...
サマンサタバサ、4℃大量閉店 エビちゃんOL系が令和世代にウケない背景
 これも時代か…。かつて若者の人気ブランドだった「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」の経営危機が報じら...
31歳女が勇気を出して「人生初まつげパーマ」に挑戦してみた
 恥ずかしながら、30代になってもまつげパーマをした経験がありませんでした。そんな私がまつげパーマに挑戦したきっかけは、...