「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」春の味覚を2つの料理に

コクハク編集部
更新日:2020-05-06 06:00
投稿日:2020-05-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の居酒屋「件」の川辺輝明さんに、純米酒と合わせたい「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」のレシピを教えていただきました。

「ぜひ富山県産で作って」

合う酒=純米酒(C)コクハク
合う酒=純米酒 (C)コクハク

 夜明け前の富山湾にキラキラと揺れ動く青白い光の数々。そんな幻想的なホタルイカ漁は、春の風物詩です。とはいえ、水揚げ量では兵庫県の方が上回っていて、スーパーで手頃な価格で出回っているのも圧倒的に兵庫県産。

「でも、胴の太り具合といい、味噌の充実度といい、富山県産のほうが格段に上。味噌こそがホタルイカの醍醐味なので、多少値は張りますが、ぜひ富山県産で作ってください」

 ボイルしたホタルイカのつまみといえば、酢味噌和えがいちばん手軽ですが、川辺さんは甘辛味の煮ものと天ぷらに。

「ホタルイカは一度さっと煮たほうが生臭さがなくなって、よりおいしくなると思います。生姜をたっぷり入れるのがポイントですね。天ぷらにするときは、胴体が破裂して油がはねることもあるので注意してください」

 生姜醤油煮は味噌のうま味が凝縮し、濃厚な味わい。芳醇なタイプの純米酒を口に含めば、うま味がぐいぐい広がっていきます。天ぷらはサクッとした衣とプリッとした食感のコントラストが絶妙。油を切ってくれる酸のある純米酒を合わせれば、天ぷら→お酒→天ぷら→お酒の無限ループ状態に。

生姜醤油煮【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・A(だし160ミリリットル、濃い口醤油、みりん各20ミリリットル、生姜2片分)

生姜醤油煮【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばし、軟骨を取る。生姜は千切りにする。
2. 鍋にAの材料を合わせて火にかけ、沸騰したら1を入れて煮る。ひと煮立ちしたらアクを取り、3~4分煮て火を止め、そのまま冷ます。

天ぷら【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・天ぷら粉 大さじ3
・青のり 小さじ1
・水 大さじ4
・揚げ油 適量

天ぷら【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばしと軟骨を取り、キッチンペーパーで水けを取る。
2. ボウルに天ぷら粉、青のり、冷たい水を入れてよく混ぜ合わせる。
3. 天ぷら粉(分量外)を1に軽くはたいて2にくぐらせ、180度に熱した揚げ油で揚げる。浮いてきたらすぐに引き上げる。

本日のダンツマ達人…川辺輝明さん

▽かわべ・てるあき
 1974年、東京都生まれ。高校卒業後、専門学校を経て、ワーキングホリデーなどで3年ほど海外へ。帰国後、数軒の飲食店で修業をし、三軒茶屋の日本酒居酒屋「赤鬼」から2004年に独立。学芸大学に「件」をオープン。

▽くだん
 東急東横線沿線では横浜に次いで飲食店が多いといわれる激戦区・学芸大学駅前で愛され続けて14年。こだわりの日本酒は定番が40種類で、酒蔵とのコラボによるプライベートブランドもあり。名物は天然素材のみでとったダシで炊いたおでん。東京都目黒区鷹番3―7―4。

(日刊ゲンダイ2018年4月27日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...