まつ毛を伸ばしたい!抜ける原因&健康なまつ毛を目指す方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-21 06:00
投稿日:2020-12-21 06:00
「まつ毛を伸ばしたい!」と思っている女性は多いですよね。濃くて長いまつ毛のほうが、目元が大きく見えますし、第一印象にも大きく影響してきます。でも実際には、ほとんどまつ毛が無いという人も……。そこで今回は、そんなまつ毛を伸ばしたい人にぜひ試してほしい方法をご紹介します♡

まつ毛が伸びるサイクルとは?

 まつ毛は、体のほかの毛と同じように「毛周期(もうしゅうき)」と呼ばれる毛の伸びるサイクルがあります。

・ 成長期……まつ毛が成長する時期
・ 退行期……まつ毛の成長がストップしてから抜けるまでの期間
・ 休止期……まつ毛が抜けてから新しく生えてくるまでの期間

 このサイクルで、通常1日に0.1〜0.18mm程度、1カ月で3〜5mm程度、まつ毛が伸びていきます。ただし、食生活や間違ったケアなどで毛周期が乱れたり、まつ毛が抜ける数のほうが増えてしまうと全体量が減ってしまうため、正しいケアをすることが大切になってきます。

まつ毛が抜ける4つの原因

 続いては、まつ毛を少なくしてしまう原因をチェックしてみましょう。

1. まつ毛や目元をこする

 実は、まつ毛は皮膚に浅く埋まっている状態で生えているので、ほかの毛に比べてとても抜けやすいのです。そのため、普段からまつ毛や目元をこするクセのある人は、その分まつ毛が多く抜けやすくなってしまいます。

2. アイメイクが濃い

 アイメイクを濃くしすぎると、その分まつ毛やまぶたにダメージがかかります。また、アイメイクを塗ることによるダメージだけでなく、クレンジング剤でごしごしと落とす行為は、まつ毛を減らす原因になります。

3. 古いビューラーを使っている

 ゴムが切れたビューラーは、まつ毛を切ってしまったり傷めてしまったりする原因になります。さらに、付着した古いマスカラやアイシャドウによってまぶたが炎症して、まつ毛が抜けてしまうことも……。できれば、ビューラーを使う頻度を減らすようにすると良いでしょう。

4. まつ毛エクステやまつ毛パーマをしている

 まつ毛エクステやまつ毛パーマを行う際に使う液体には、たくさんの化学物質が含まれているため、まつ毛に大きな負担となります。また、まつ毛エクステの重さでも、まつ毛は抜けやすくなってしまいます。

まつ毛を伸ばしたいなら試して♡ まつ毛を伸ばす5つの方法

 それではいよいよ、濃くて長い健康なまつ毛を手に入れるために試してほしいまつ毛を伸ばす方法をご紹介しましょう!

1. ニベア・ワセリン・馬油などを使って保湿する

 ネットでは、「ニベアやワセリン、馬油を使ったらまつ毛が濃くなった!」という声が多く見られます。これは、保湿と保護の役割によるものと考えられています。

 ニベアやワセリン、馬油には、高い保湿効果がありますよね。まつ毛やまぶたを保湿することで、水分の蒸発を防いだり、さらにはバリアを作ってまつ毛をダメージから守る効果が期待できるそう。

 実際にはまつ毛が伸びたのではなく、太くハリやコシが出ることで「まつ毛が多くなった」と感じるようです。

2. まつ毛に良い栄養素を摂る

 即効性は期待できませんが、健康的な太くて濃いまつ毛につながるのが、毛を育てる栄養素です。たとえば、以下のような栄養素は育毛に良いとされています。

・ タンパク質
・ ビタミンE
・ ビオチン
・ 亜鉛
・ シリカ
・ フォーチ

 食材としては、ナッツ、大豆製品、卵黄、ごま、レバー、さつまいもなどです。普段の食生活に積極的に摂り入れることで、まつ毛だけでなく髪の毛も健康的になっていきますよ。

3. アイメイクリムーバーでクレンジングする

 まつ毛が抜ける大きな原因に、「濃いアイメイク」がありますが、女性の場合、アイメイクをしないというのは現実的ではないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、アイメイクリムーバーです。

 たっぷりコットンに含ませてアイメイクに当て、メイクが浮いてきたら洗い流すだけですので、まつ毛をこする機会が圧倒的に減ります。もしもまつ毛が抜けることに悩んでいるなら、ぜひ使ってみましょう。

4. まつ毛美容液を使う

 まつ毛の栄養となる成分や保湿成分が多く含まれている、「まつ毛美容液」もおすすめです。皮膚につけると色素沈着の原因となるため、毛の根本やまつ毛だけに使いましょう。

 ただし、基本的にまつ毛美容液は、まつ毛を伸ばすアイテムではなく、ハリやコシのある健康なまつ毛にするためのものです。その点だけ頭に入れておきましょう。

5. 【番外編】病院のまつ毛貧毛症治療薬を使う

 まつ毛が薄い人の中には、「まつ毛貧毛症」になっている人もいます。もしそういった病気が心配なほどまつ毛が薄くなってしまっているのであれば、眼科で診察してもらって治療薬を処方してもらうのも一つの方法です。

 ただし、副作用の心配や、使わなくなると効果に期待できないこと、健康保険が適用されない可能性もあるなどのリスクも伴うため、しっかり医師に相談して正しく使うことが大切です。

まつ毛を伸ばしたい人は保湿と正しいケアを意識しよう!

 まつ毛の生えるサイクルや、抜ける原因を知っておけば、どういったケアを行えば良いのかがわかってきますよね。まつ毛を保湿して、抜ける原因を減らす正しいケアを行うことで、太く濃い健康的なまつ毛が生えてきます。

 これだけで目元の印象は大きく変わるはず。ぜひ、今日から挑戦してみてくださいね!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


半信半疑なSHEINの美容グッズ…歯のホワイトニングシートで白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
口臭・体臭・尿の悪臭…私のニオイの源は「糖質オフダイエット」が原因!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
鹿ちゃんは関係ないよ! 話題の「シカクリーム」の人気の理由は?
 美容アイテムを売っているお店でよく見かける「シカクリーム」。はじめて見た人は「鹿のクリーム?」なんて想像した人もいるか...
2024-01-17 06:00 ビューティー
水蜜桃メイク知ってる?トレンドど真ん中、たった4︎分で叶う衝撃ハウツー
 水蜜桃メイクというメイク法をご存じですか? 中国発でSNSを中心に話題になっているトレンドメイクのひとつで、ピ...
まだまだ流行中のキャップ! 40代コーデで野球少年風を卒業するコツは?
 帽子コーデが好きな人が、必ず定番で持っているのがキャップです。でも、子供っぽくなったり、大人っぽいスタイルにどう合わせ...
30~40%の日本女性が整形!? それでも踏み切れない4つの理由
 今では、美しくなるための手段として珍しくなくなってきている整形。日本では30%〜40%の女性が、生涯のうちに1回は整形...
新年だしスッキリしよ! 昔の服が捨てられない人への処方箋
 必要最低限のお気に入りの持ち物で生活する「ミニマリスト」とは対照的に、「物を捨てられない」と悩む人はたくさんいますよね...
新年初買いはECサイトで30%オフのパンツ!プロの接客と裾上げにも涙…
 冬のセール真っ只中、仕事の合間にD2Cブランドのワイドサテンパンツをポチっとしました(笑)。で、手元に届いた“戦利品”...
【専門家監修】心を健康に! 自己肯定感を上げるセルフコンパッション術
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
奇抜とは限らない!40代加齢のドヨーン顔回避に「アシメ前髪」はいかが
 左右非対称の「アシメ前髪」は、少し個性的で奇抜だというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。ましてや、若い子が...
ガタガタ眉でも諦めない!たった2分で誰でも左右対称の美眉になれるテク
 眉毛メイク、左右対称に描けていますか?  筆者は、メイクの中で眉毛に一番時間がかかってしまい、なかなか納...
チョロっと出てたら恥部!鼻毛のお手入れ頻度は?抜いたらダメ??
 日常生活で、見られたら絶対に恥ずかしいのが「鼻毛」です。見られた本人も恥ずかしいし、見てしまった人も指摘しにくい! で...
【2023年人気記事】尿のニオイでわかるサインと対処法(専門家監修)
 2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記事を再掲載します。こちらの記事初...
【2023年人気記事】たかがパンツされどパンツ、30年ぶりのTバックで…
 あけましておめでとうございます。2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記...
サマンサタバサ、4℃大量閉店 エビちゃんOL系が令和世代にウケない背景
 これも時代か…。かつて若者の人気ブランドだった「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」の経営危機が報じら...
31歳女が勇気を出して「人生初まつげパーマ」に挑戦してみた
 恥ずかしながら、30代になってもまつげパーマをした経験がありませんでした。そんな私がまつげパーマに挑戦したきっかけは、...