プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)

コクハク編集部
更新日:2021-10-16 11:17
投稿日:2021-10-16 06:00

7年ぶりに進化を遂げて発売!

 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品420円)。皆さんはもう試されましたか。

「あれ、モスって、前からフォカッチャサンド、売ってなかったっけ?」と思ったアナタ、半分(?)正解です。フォカッチャサンドは2000年から14年まで秋冬の期間限定商品として、累計10回販売。直近7年間は提供していませんでしたが、この秋冬、進化を遂げた“新生”フォカッチャサンドとして発売にこぎつけたというのです。

 なんでも新しく売り出すにあたって、企画立案から2年以上の歳月がかかったそう。えーっと、つまり、19年には復活させるプロジェクトが水面下で進行していたというわけです。

実は従来のフォカッチャサンドは不評だった

 いまでこそ大手製パン会社でも商品化しているイタリア生まれのフォカッチャですが、20年前にモスで見かけたとき、とても新鮮で驚いたのを覚えています。

 丸型バンズではない、もちもちした食感のフォカッチャ。斬新だなー、とがってるなー、味に定評のあるモスだから文句なしでおいしいだろうなー、と期待値MAXで食べたのですが、唯一、残念だなと思ったのが、食べづらさ。個人的には、ソーセージフォカッチャと海老カツフォカッチャがLOVEだったのですが、たっぷりとソースがかかっているぶん、食べ進めていくごとに、脇からボロボロと具材が落ちてしまったりして残念な気持ちになったんですよね(苦笑)。

 発売に先駆けて行われた新商品発表会見(筆者はオンラインで参加)では「いわく付きのフォカッチャ」と説明がなされ、実は店頭スタッフも他のバーガーなどに比べて作りづらく、不評だったことが明かされました。それでも累計4000万食を売り上げ、フォカッチャサンドの復活を望む消費者からの根強い声に応えるべく、“短所”をクリアにした“完全なるフォカッチャサンド”の復活のため、試行錯誤を繰り返したそう。

 以下は、筆者が気になった主な改善ポイントです。

・フォカッチャは楕円形からひょうたん型に変更し、食べやすさと作りやすさを実現
・ソースには、工場でその都度(!)揚げる「揚げこしょう」と、燻製させたクルミ科のヒッコリーを使用し、リッチな味わいに
・フォカッチャの生地にはヨーグルトと塩麹を練り込み、しっとりと

 自社の強みである「対応力」を持ってして生み出した新作の目標は、「1カ月で目標250万食」とのこと。のべ10回の発売で4000万食。1回(1シーズン)あたり400万食を売ったとすれば、なかなか攻めた数字ですよね。モスさん、期待していいんですね!?

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


飲みながら作っちゃう? タイ版“酔っ払い炒め”こと「パッキーマオ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
タイ風鶏から揚げ「ガイ・ガティアム」ビールが止まらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
「冷しゃぶのさっぱり野菜ソースがけ」簡単なのにひと手間感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀の「串粋」の吉田正則さんに、ソースが...
デニーズの新モーニング、気配りがニクい!味・ビジュ・コスパの三方良し
 一日の計は朝ごはんにあり! 3月5日に、メニューの改定が行われたデニーズでヘルシー&おしゃれなモーニングを見つけました...
ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード
安いお肉が…!「鶏むね肉の酒蒸し」ぱさぱさ回避、しっとりのコツは余熱
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...