揚げ焼きで野菜の食感を残す「シュリンプ・ラタトゥイユ」

コクハク編集部
更新日:2019-05-30 04:35
投稿日:2019-05-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜・野毛のビストロ「ジィーロ 」の市川路朗さんに、野菜もたくさん摂れておかずにもなる「シュリンプ・ラタトゥイユ」のレシピを教えていただきました。
合うお酒=赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=赤ワイン (C)コクハク

 フランス料理の定番ラタトゥイユは、店や家庭によってさまざまなバリエーションがあります。今回は、玉ネギとパプリカ、ズッキーニ、ナスの定番4食材をアッサリと仕上げるスタイルです。

「ラタトゥイユは、応用が利きやすい料理で、鶏肉を加えるとメインのおかずになります。それだけに、基本はアッサリ仕上げを覚えておく方が、味つけをアレンジしやすいのです」

 最初に玉ネギを炒めるのは甘味の抽出のため。ハンバーグやカレーなどでもおなじみで、簡単です。ポイントは3番目の行程とのこと。

「パプリカは加熱すると甘味が増しますが、炒め過ぎは食感を失います。ナスとズッキーニは、油を吸いやすく、これも炒め過ぎは禁物。この3つは、多めのオリーブオイルで揚げ焼きする感覚で手早く仕上げるのが、味も食感も見た目もよくする秘訣です。フライパンに3つを入れたら、塩を2つまみ程度加えて、食材から少し水分が出てきて軽くしんなりするくらいが目安。強火でサッと、です。煮込みますから」 

 そこさえクリアできれば、煮込みもエビのソテーもハードルは低めです。

「仕上げのオリーブオイルは、エキストラバージンがベターです」

 なぜエビ? と思っていたのですが、食べて納得。食感を意識して火を加えた野菜は、プニッとしたエビの食感に近いのです。口の中で噛みしめるたびにエビのウマ味と野菜の甘味がひとつにまとまって、エキストラバージンオリーブオイルが、深みを加えています。まるで和食のような繊細さ。大人のラタトゥイユをご自宅でもどうぞ。

【材料】

・玉ネギ       1個
・パプリカ赤・黄  各1個
・ズッキーニ     2本
・ナス        3本
・ニンニク      1片
・ローズマリー    1枚
・ローリエ      1枚
・塩         適量
・こしょう      適量
・オリーブオイル   少々
・むきエビ      10尾
・トマト缶      1缶

【レシピ】

 

1. 玉ネギ、パプリカ、ズッキーニ、ナスは2センチ角に切っておく。
2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れる。弱火でニンニクの香りを出したら、玉ネギを加えて透明になるまで炒め、塩を少々振る。
3. フライパンに多めのオリーブオイルを入れて強火にかけ、パプリカ、ズッキーニ、ナスを手早く揚げ焼きし、塩を少々。
4. 3を2の鍋に入れ、トマト缶、ローズマリー、ローリエを加えて10分ほど煮込む。粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やす。
5. フライパンでむきエビをソテー。塩とこしょうを加えたら、これも粗熱を取る。
6. 4と5を混ぜて、器に盛りつけたら、オリーブオイルをかけて出来上がり。

今日のダンツマ達人…市川路朗さん

▽いちかわ・じろう
 ハイアットリージェンシー東京のホテルで修業を積んで横浜へ。シェラトンとロイヤルパークで料理長を務める。4年前に独立し横浜・野毛に店を構える。

▼ジィーロ
 ホテル並みの食材と料理をカジュアルな雰囲気の中、リーズナブルな価格で提供するビストロ。各地の猟師と提携してシカやイノシシなどのジビエも人気。
横浜市中区野毛町1―29
℡045・315・6924

(日刊ゲンダイ2018年3月23日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


定番「ポテトサラダ」でも一味違う…ゴロゴロお肉のお得感
伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の居酒屋「純米酒 三品」の稲原春香さんに...
懐かしい風味…シーフードミックスで作る「フィッシュカツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・長堀橋「和旬 撫子」の卜部吉恵さんに、冷凍...
フライパン1個で作れる定番「メークインのフライドポテト」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「ルヴァン・エ・ラ・ヴィアン...
「シシトウの肉巻き」大人も子供も間違いなく好きな味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は青森県・青森市のイタリアン「リンチェ」の滝沢英哲...
「タルトフランベ」王道トッピングで味わうアルザス風ピザ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草橋のビストロ「ジョンティ」の斎藤光さん...
「イカとオクラの生姜醤油和え」お酒とご飯とおそばにも合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の寿司の名店「銀座 すし延」の伊東純司...
「真鯛のかしら酒蒸しポン酢」フライパンで5分の料亭の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町の和食料理店「いわ瀬」の望月洋介さん...
「豆のサラダ」イタリアンの前菜に…時間を置くほど風味がUP
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は青森県・青森市のイタリアン「リンチェ」の滝沢英哲...
栄養士が伝授! きつ~い「残暑バテ」を予防する時短レシピ
「残暑バテが続いて食欲がない」「体がダルくて重い」――。そんな悩みを抱える方が増えがちなこの時期。体のメカニズムを知り、...
「鳥モモ肉塩麹バター焼き」健康志向のお手軽フレンチつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「ルヴァン・エ・ラ・ヴィアン...
梅干しと和えた「豚しゃぶ」 ハチミツ漬けで夏の疲れ解消!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は埼玉県・浦和の懐石料理「日に日に新」の木下泰司さ...
うちで作る「チーズタッカルビ」濃いめのタレがたまらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の居酒屋「のぶ太郎」の金漢奎さんに、意...
「マーラーピータン」モチモチのピータンにピリ辛ダレが合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷三丁目の中華料理店「南方中華料理 南三...
シンプルな「ブロッコリー卵サラダ」 他店シェフも太鼓判!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典...
「筋子納豆ピザトースト」太宰が愛したテッパンの組み合わせ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のフレンチ「ボワ ヴェール」の川口かず...
「カレイの昆布和え」「アジのアボカド和え」ひと手間が大事
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は埼玉県・浦和の懐石料理「日に日に新」の木下泰司さ...