ブラジャーの寿命知ってる? バストを守る見極めポイント♪

コクハク編集部
更新日:2019-08-05 17:40
投稿日:2019-08-04 06:00
 あなたはブラジャーをどのくらいで買い替えていますか? ブラジャーは人目に触れないため、気づけば何年も使っているという方も多いようです。でも、古いブラジャーを着けることはバストにとってもデメリット。ブラジャーの買い替え時や劣化を見極めるポイント、ぜひチェックしてくださいね。

ブラジャーの寿命は? 古いブラジャーを着けるリスク

 まずは、本題であるブラジャーの寿命や、古いブラジャーを着けることで起こるリスクからお伝えします。

ブラジャーの寿命は約100回の着用

 基本的に、ブラジャーの寿命は約100回。週に2回着けた場合には、1年ほどで買い替え時ということですね。ただし、使い方やお手入れ方法によって多少寿命は変わることを覚えておきましょう。

 また、普通に使っているブラジャーより使用頻度が低い勝負下着でも、製造された瞬間から劣化はしていくため、長くても2〜3年経つ前に買い替えをすると良いようです。

ナイトブラなど機能性ブラの寿命はもっと早い

 ナイトブラや補正ブラ、バストアップを促すような「機能性ブラ」は、生地への負荷がかかりやすいため、より寿命が短くなります。ワイヤーが歪むことで肌を傷つけてしまったり、補正機能が十分ではなくなる可能性もあるため、買い替え時をよく見極めるようにしましょう。

古いブラジャーはバストの形崩れを起こす原因になる

 ブラジャーは使うほどに肌馴染みが良くなるため、着け心地という意味では着けるほどに良くなるように感じられるかもしれませんね。

 しかし、劣化した古いブラジャーでは、バストを持ち上げてしっかり支えることができません。その結果、バストのお肉が脇や背中、お腹などに流れやすくなり、バストの形崩れを引き起こしてしまうのです。

 これが将来の垂れ乳や離れ乳の原因になるため、適切な時期での買い替えを行うことが大切です。

ブラジャーの買い替え時を見極める5つのポイント

 ここで、ブラジャーの買い替え時を見極めるポイントを見ていきましょう!数年使っているブラジャーをお持ちの方は多いと思いますが、ぜひこの機会に寿命チェックを行ってみてください。

1. ワイヤーが歪んできている

 まずは、ワイヤーの歪みをチェックしてみましょう。手洗いをして上手にお手入れをしていたとしても、どうしてもワイヤーの歪みは生じてしまうもの。

 体をよじったり、かがんだりした時に、ワイヤーが肌に当たって痛い、フィット感がなくなっているなどの違和感を感じたら、買い替え時のサインだと思ってください。

2. カップの形が崩れてきている

 見た目にも分かりやすいのが、カップの形崩れです。カップにシワが入っていたり、へこんでいるようなら、寿命である可能性が高いです。

 また、平らな場所にブラジャーを置いて、カップがきちんと立体的に綺麗な形を保っているかということでも判断できます。カップは、美しいバストを保つためには重要な部分。ぜひ慎重にチェックしてみましょう。

3. レースやメッシュ生地の劣化

 レースやアンダー部分のメッシュ生地の劣化も、買い替えサインでしょう。それに、レースがボロボロなんて見た目にも美しくありませんよね。また、ストレッチ素材であるポリウレタンは、劣化してくると細かく白い繊維が表面に出てくることがあります。弾性がなくなる=伸びてしまっている状態ですので、早めの買い替えを検討するべきです。

4. ストラップがずり落ちてくる

 ブラジャーのストラップをきちんと調節しているのにも関わらず、しょっちゅうずり落ちてしまう場合も寿命が近くなっている可能性が高いです。

 基本的にブラジャーは購入した際にストラップを調整すれば、再調整をする必要はありません。よほどの体型の変化がないのにずり落ちてくるということは、ストラップ自体が伸びていたり、調整をするアジャスターが劣化している可能性もあるため、注意して見てみましょう。

5. 体にフィットしない

 出産をしたり、痩せたり太ったりなど、バストの大きさに変化があった場合にも、ブラジャーの新調をした方が良い場合があります。

 カップに隙間ができてしまったり、逆にきつさを感じたりなど、体にフィットしないと感じたら使い続けるのはやめた方が良いです。バストの形や大きさは年齢によっても変化するため、毎回同じサイズを購入するのではなく、きちんと測り直すようにしましょう。

ブラジャーの寿命を見逃さないための工夫

 何枚かをローテーションで着けるブラジャーは、いつから使っているのか、いつまで使えるのかということを、つい忘れてしまいがち。そこで最後に、ブラジャーの寿命を見逃さないためのちょっとした工夫を提案したいと思います。

買い換える月を決める

 大手下着メーカー「ワコール」のデータによると、女性がブラを買い換えるのは3カ月〜半年に1度というのが一般的なようです。

 これを考慮した上で、たとえば、3・6・9・12月のニューシーズンに出た新作ブラを購入するなど、買い換える月を事前に決めておくと迷うことがありません。季節に合う柄や流行のデザインを取り入れることができるため、おしゃれの一環としてブラジャーを楽しむことができますよ。

「1枚買ったら1枚捨てる」を徹底する

 1枚新しいブラジャーを購入したら、1枚捨てるというのを徹底するのは手っ取り早い方法です。思い切って、古いブラジャーを捨てる決断もできますね。

 傷みが進む前に捨てることができるのはもちろん、いつでもコンディションが良い下着を着けるということは、美意識アップにも繋がります。

定期的なブラジャーの新調で気分もバストもUP♡

 ブラジャーはショーツと比べると、劣化が目に見えにくいものです。「まだ着けられるのに…!」と、思ってしまう気持ちは分かりますが、買い替え時を見極めることが美乳を保つ秘訣♪

 とはいえ、洗濯表示に従って手洗いで洗ったり、陰干しをしたりなど、上手にお手入れすることで多少寿命は伸びますよ。ぜひ、定期的にブラジャーを新調して、気分もバストもUPさせてくださいね!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...