時短レシピ! コチュジャン風味の 「韓国風牛すじ煮込み」

コクハク編集部
更新日:2020-05-13 06:00
投稿日:2020-05-13 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜の焼肉店「そうる肉食堂 承」の三原承達さんに、ビールにぴったりな「韓国風牛すじ煮込み」のレシピを教えていただきました。

野菜の切り方にも時短のコツが

合う酒=ビール(C)コクハク
合う酒=ビール (C)コクハク

 濃厚なスープが染み込んだ大根に、トロトロのすじ肉。歯ごたえのあるコンニャクの次は甘いニンジン……。牛すじの煮込みが嫌いな飲んべえはいない――と、断言してもいいのではないでしょうか。

「すじ肉は、鍋で軽くボイルしてから水洗い。まず、肉のアクを取ってから調理開始です」

 とは三原さん。簡単に作るには、野菜の切り方にもコツがあります。

「乱切りがいいでしょう。なぜかと言えば、切った面が多くなれば、それだけ火の通りが早いからです。この料理は大根が煮えたらOK。大きく切ると、その分、火の通りが遅くなって、時間がかかりますからね」

 肉とコンニャクを一緒の鍋に入れてひと煮立ち。その後、調味料と野菜を入れれば30分程度で完成です。

「和風にするなら、一味唐辛子。コチュジャンを小さじ1杯入れると韓国風になります。韓国にも、こうした牛すじ煮込みはあるんですよ」

 濃厚なすじ煮込みを洗い流すのは、やはりビールをおいて、ほかにはあるまい!

【材料】

・牛すじ肉 300グラム
・コンニャク 半分
・大根 4分の1
・ニンジン 半分
・ニンニク 2かけ
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・コチュジャン
 小さじ1

【レシピ】

1. 牛すじ肉をボイルし水洗いして肉についた汚れやアクを取る。
2. 肉がひたひたになるくらいの水で、肉とコンニャクをひと煮立ちさせる。
3. 大根とニンジンを一口大の乱切り(不規則な形に切ること)にする。
4. 醤油、みりん、酒、砂糖に、すりおろしたニンニク、コチュジャンを混ぜ、野菜と一緒に鍋に投入。
5. 30分煮込んで完成。

本日のダンツマ達人…三原承達さん

▽みはら・しょうたつ
 1970年1月生まれ。21歳で横浜の繁華街、福富町に焼き肉店をオープン。「自分のやりたい店の形が見つかった」と、2年前に「そうる肉食堂 承」を開いた。

▽そうるにくしょくどう しょう
 客が焼くのではなく、「料理人が焼いた肉を出す」スタイルの焼き肉店。「生ビールorサワーorホッピー」に、ナムル盛り合わせプラス2品で1000円のセットが人気。牛骨を8時間煮込んだスープを使用する「そうるうどん」も評判。神奈川県横浜市中区若葉町2―15 若葉町共同ビル。

(日刊ゲンダイ2018年6月16日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...